エルグランドを友達や知人に譲る場合

エルグランドを友達や知人に譲る場合、知り合いだからと簡単に考えるのは注意が必要です。やるべき手続きをしていなければ、お金を無駄に支払わざるをえなくなるかもしれません。後でトラブルが大きくならないように名義変更などの大切な手続きは間違いなくきちんとやっておきましょう。

名義人の異なる車を売るときには、手続き、必要書類はどうすればよいのでしょうか。通常、車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などといった書類が最低限いります。あとは、所有者の同意書、他には、委任状および譲渡証明書なども揃える必要があるのです。

自分の車を売るときに比べると、多少面倒でしょう。車を下取りに出したけれど、値段がつかなかった、そんな時でも廃エルグランドにするということで引きとってもらえることもあります。その場合、下取り業者が直接引き取るといった場合と廃車下取りの専門業者を紹介され、そこへ引き取ってもらうという形もあります。

ナンバーの返納を代わりに行ってくれたり、業者によっては廃エルグランドとなった時に必要な手数料を値引きしてくれるところも多々存在します。自動エルグランド税もそうですし、自賠責保険料の返納の手続きも必要なので、事前に何の書類が必要で費用はどのくらいなのか調べておきましょう。車の出張査定をお願いしても買取を拒否することができます。

出張調査決定とは、自分の持っている自動車を売りたいと思った時に、中古車買取ディーラーがいくらぐらいで売れるのかを家まで無料査定来てくれるサービスのことです。

(人気記事)エルグランドの下取り相場より高く売る3つのワザ

カテゴリー: 未分類 | コメントする